昨日、支部を撤退しました。

去年から休止中で、いつか再開しようかと思っていたんですが。
別館日記にも書いたように緊張からの過呼吸が治らないので、
撤退に踏み切りました。

他人の絵を見るだけでも過呼吸が起きてしまうんです。

過呼吸が起きないのは、自分の絵と、自分が憧れを抱いている方の絵のみなんですよ。
なんでこんな状態になってしまったのか・・・。


でも。


支部撤退は後悔していません。
むしろもっとはやく決心していれば良かったと思ったぐらいです。

やっと自由になれたと、凄く心が楽になりました。

自分にとって、支部は窮屈な学校のようでした。
個性のある方達の絵は、ほとんどいじめのように無視され、
一過性の流行のような絵が描けないと「上手い」とは認められない。
「投稿」が「テスト」のような感覚だったんですよ。
また影では陰湿な盗作や転載が蔓延っているのに、
それを訴える人はわずかでほとんどの人は黙認している(無視も同等)。

絵的に下心のある人が大過ぎて
すごく居心地が悪かったです。
(個性を潰してまで流行の画風で必死に閲覧数伸ばそうとしている人達の事)
これは支部内に限った事ではないですね。
(性的な絵はあっても構わないと思います。一種の芸術としてとらえるなら)

・・・・・・・・・・・

自分は思うんですよ。
「きちんと自分の目で見ているか」って。
自分は本当にその絵・作品が好きなのか。
どこがどう言う風に好きなのか。
閲覧数や評価の点数に惑わされてはいないか。

「きちんと自分の心で描いているか」。
好きなものに妥協はしていないか。
知名度を上げる為だけに、
興味もない作品(ジャンル)の絵を描いたりはしていないか。
自分の個性で描いているか。

個性というのは、自分の考えですけど、
「生」そのものだと思ってます。
今まで生きてきた中で付いた癖が「個性」の一部となって、
絵に自然と現れると自分では考えています。
だから、絵は生きているんです。
絵描きの心を映す鏡であるとも思っています。

たとえ絵が上手くなくとも、妙に味のある絵を描く人っているじゃないですか。
そういう人はどこか惹きつけられる魅力を持っていたりしますよね?

絵は上手さが全てだけど、上手さが全てではないと思っています。

※もちろんこの考えは吉月個人の考えであり、随分と独りよがっていると自覚しています。
他の人達にはそれぞれの考えがあると思います。
ただ、こういう考えの人間もいると知ってほしいのです。

・・・・・・・・・・・・・・

それでも支部に居続けたのは、マイピクさんの更新、
自分の憧れ絵師様の更新が楽しみだったからです。
この方達の作品を閲覧している時は純粋に楽しかったし、勉強にもなりました。

自分は絵が好きです。
絵を描くことが好きです。
だから自分の信念は曲げずに、これからも描き続けていこうと思います。
随分と生きづらい生き方(描き方)をしているけれど、
自分はこういう風にしか出来ないんです(笑)
それでも、吉月の絵を見続けていきたいと思ってくれる人が、もしいて下さったなら。

自分は幸せ者だ(笑)

多大なる感謝を捧げます(´∀`*)
また、より一層の画力の精進も続けたいと思います。


ここまで読んで頂き、ありがとうございます。
長々と失礼しました。